糸の寿命/シャッペスパンとの別離

昨年引っ越しをして、要らないものをたくさん捨てて(間違っているものも捨てたりした)

手放す(なんかいろんなところで流行ってるからこの言葉を使ってみる)ものはもう何もないなと思ったのだけれど、いつか絶対使うはずと思って気づけば10年以上経ってしまった「シャッペスパン」(ミシン糸)の群れのことを今朝急に思い出した。
 

 

この木箱2つ分、色とりどりの糸が詰まっていて、空色、水色、ロイヤルブルー、藍色…3割くらいをブルー系がしめていた。

あとは赤、黄、緑、ベージュ、ピンク、パープル…黒とアイボリーはやたらたくさんあった。

ウール用の絹糸や、手縫い用のボタン糸、ロックミシン用の特殊糸、ジャージ素材用のニット糸、これ全部19の学生時代に買ったのじゃないかな、だとすると17年ものか…綿や絹の糸の寿命を、私は知らない。

でもきっと100年ではない気がする。

だから、写真の6個を残して、お直しの仕事をしている義母に全部託した。

「いつか使うんじゃない?」って言われてちょっとひるんだけどその時は借りに行くからと、未練を断ち切るかのように押し付ける。

製氷ケースに並んだボビンは、私の職業用ミシンじゃないと使えないから残しておく。

ボタンつけくらいはするから、手縫い糸も白と黒だけ残す。

 

チョコミントキャンディの缶にはピンクッション、ラズベリーキャンディの缶にはボタンが。

ドラえもんの小さな缶には手縫い針が何種類も入っている。

缶がほしくてお菓子を買っていたはたちの頃。

池袋パルコのソニープラザはまだあるんだろうか?

糸の調達先のキンカ堂はとっくになくなってしまった。ロックミシンの糸が安かったな。

 

糸代がバカにならないと、激安問屋めがけて日暮里へ行ったりしてたけど、交通費と羽二重餅代で節約になっていたなかったと思う。

 

*

 

何か月か前に子どもたちと青山を歩いていて、アレキサンダーマックイーンのショーウィンドウにくぎ付けになった。

黒地に赤い花柄のミニワンピース、10代になった娘に脳内で着せてみる。

フィロソフィーが透けてみえる服が良い。

程よい色気もあると良い(着る人の色気ではなく、服の色気)。

 

でもそのワンピースは、最新型のテレビが何個も買える値段だった。

そっか

そこで「作ろう」ってなるのか。って、ちょっと思ったんだった。

娘、ほしいなんて言ってないけど。

意外とすぐに、母に糸を借りに行くかもしれない。

 

お花は洋服みたいだと思う。

白い服着ないけど、白い花が好きだな。あと、ピンク。

でもたまにはこんな、第1&第2チャクラみたいな色もね。

| ミシン/手縫い | 23:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
自分のモノサシ

家族の朝食を作ってから朝風呂(あったまるだけ)

やや下品だけど、すんばらしい曲ばっかり流れるラジオ番組を聴きながら炊事家事。

スーパーに買い出しに行って、朝から昼食を作る。

デヴィッドボウイのシャツを着てnoodlesをBGMに、そしてわりとでっかい声で歌いながら料理する私を、それでも日がな1日働きながらご飯を作っているのだからと温かい目で見守る家族。

 

そのあと1つ目のレッスン。スタジオは今日も良い気に満ちている。

レッスンを終えてランチ、そのまま夕飯を作り(友達のレシピでブラジルのムケッカというトマトとココナッツのシチュー)、おもてなし用のおにぎりを握る。心をこめるのは忘れない。

ひと休みしてから2つ目のレッスン。今日始まったばかりの新しいクラス。

新鮮な気持ち。

 

またもや良い気が満ちたところで瞑想会がスタート。

いつも通り、とても良い。

 

毎日が流れるように過ぎていく。それはとても速いスピードで。

速くても落ち着いていられるならそれが私のマイペース。安定の不安定、高速の通常運転。

 

マイペースが高速なんです。

若かりし頃からの決め台詞。

それが良いとか悪いとかはどうでも良くて。良いとか悪いとか決めたくなる時もあるけど。

 

多くの人が、自分のモノサシでものごとを測り、それだけが正論かのように人に言ったりする。

私も含めて。
好きだったものを嫌いになったら、それが極悪みたいに思ったり言ったりすることもあるよね。

 

私は私のモノサシで、好きなものだけ測っていよう。

 

| 日常 | 21:23 | comments(0) | trackbacks(0) |
私が働き者になった理由(わけ)
私が、勉強が嫌いすぎて大学受験しなかったと言ったらまるで同じだー、って言ってたのダレだっけ?

高校も、勉強しないで入れるところ。 部活も、汗臭いのじゃなくて、バンド。享楽的なやつ。
(夏にアンプだらけの教室で練習するのは暑かったけどね。楽しかった。)

専門学校も、形だけの入試で入れるところ。 ハタチの時、就職氷河期なのに遊び半分でエントリーした百貨店、役員面接に呼ばれるわけないと思ったら呼ばれて、3次面接終わったから油断して金髪にしちゃったまま、時間がなくて(そのくらい時間あっただろー!ってよくツッコミ入るけど、たぶんなかったよ!笑)私服に金髪で駆けつけて合格。

当然、人生なめてました。

なんで私を採用したんだろう?と興味を持ってしまって入社した百貨店、体育会系のノリが肌に合わなかったというか、平たく言えばやる気がなかったのに、紳士服が好きすぎて仕事は楽しくて、立って喋ってるだけでも売り上げ成績が良かったからさらに人生をなめました。

身体壊したりでやめて、レコード屋で適当にバイトして、そのあと原宿の無名セレクトショップで服売りながら夜はカクテル作って、芸能人とかモデルが悪い遊びにほうけて廃人みたいになってくのを横目で眺めたり(結局死んじゃった人もいる)。
鬱陶しい感じでキラキラして見える人は、闇が深いのかもなと思った10数年前。
そのあと日に20時間労働とかよくわからない感じになって、身体が持たず。酒タバコ浴びるようにのんでたし。
私が倒れたり会社が倒産したりしてしばし休んだあと派遣社員となり、パッと見普通のOL&事務職に転じました。

頑張ったことがないから、誰もが乗り越えられるものも乗り越えられない。 20代の半ば、いろいろなできごとが重なって精神的に追い詰められ、ガタガタと心身転落。
試練を乗り越えるということを思いつかないから、生きる意味がいよいよわからなくなっていました。
物心ついた頃から人生なめてたので、はじめっから死にたかったんだと思いまーす。

でも音楽だけは。ロックだけは、いつも私を高揚させた(こういう書き方、気持ち悪い)。
続く(たぶん)



なんか頑張ってる自分が自分じゃないみたいで、中途半端に半分金髪にしてみたらさらにアイデンティティロストしかけた35歳の冬(昨年)。
| - | 10:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
マグちゃんのリザレクション
また蕾が次々に!


木蓮の樹皮に痛みや炎症を抑える物質が含まれてるって 私が好きになる樹木達には抗炎症作用があるらしい。 好きになるのに理由なんかないって思ってたけど、きっとそうでもないんだね。

好きなものを好きと言い
趣味の合う人とワーキャーしたりすんのが楽しいよねって話をするのも楽しい。

テクテク歩いてると、言いたいことが勝手に溢れる。
それは程よいボリュームで。

歩きながら仰々しく語る人、あんまいないじゃん。

興味のないどうでもいいことを声高に叫ばれるとうんざりする。
興味のあることならどれだけ大きなボリュームでも歓迎する。

小学生の頃、声の大きな女の先生がとても苦手だったことを思い出した。
正しさを押し付けるボリュームが大きくて、怒ってるわけでもないのに怖かったなー


何かを押し付けることはしないようにしたい。私は自然の中を歩いてるようなレッスンしたいな。

覚えたての花や木の名前を呟きながら歩いて、ふとそう思ったのだ。

ヘンな人大好き
常識のない人、プライドの高い人、性格の悪い人(笑)
いろんな人がいるけど、どんな人でも、ボリュームがちょうどよければ好きになる。

正しさはどうでもいい。
音量が合うか合わないか。それだけ。
| - | 23:27 | comments(0) | trackbacks(0) |
Better LIVE than dead

ちょうど1週間前に出会った木蓮の枝

あっと言う間に開花して、あっという間に散ってしまった。

「しまった」ってまるで咎めるかのような物言いだけれど

それは人間である私から見て「あっと言う間」というだけで、木蓮にとっては通常運転なわけで

 

何が言いたいかというと、淋しいなあって、それだけです。

甘い香りが残る花弁は、今夜バスタブに浮かべるね。

またどこかで会いましょう。

iPhoneImage.png

 

娘との会話。

 

お母さんこれなに。

木蓮の枝。さっきまでお花がいっぱいだったの。

どこでもらったの?

武蔵小杉で買ったの。

ひとめぼれ?

…そうだね

 

私が、お花や洋服などの、買わなくても生きていける何かを買ってくると「ひとめぼれ」とひとくくりにされる。

鉢植えや切り花やドライフラワーを連れて帰ってくるたびに。

たぶんこれまでに「なんで買ったの」って聞かれて、「ひとめぼれ」って答えすぎたのだ。

でも、好きになっちゃったんだから仕方ないじゃないのよ。ねえ。

ほかに説明のしようがない。

なんで好きになったのかって、あんまり考えない。

 

土足で他人に心の奥底まで踏み込まれること、そんなに嫌いじゃないけど

土足の靴の種類によって「その靴は私の趣味に合わないから、土間にあがって欲しくない」みたいな

だれにも理解されない謎のこだわりがあるような気はする。

なんでその靴が嫌いなの?って聞かれても説明できない。

謎のこだわり、自分でも慣れたけど、その辺が典型的B型と言われる所以かな。

 

気づけば周りにB型だらけということがよくある。

血液型で人を判断するなと怒る人もたまにいるけど、あまりに多いと気になるんだな。

 

*

 

好きなことや好きなものはなに?と聞かれたら、数えきれないし

たまに、好きなことだけして暮らせたらいいなあって思うけど、命が足りない気がしてくる(笑)

本、雑誌、漫画、音楽、自然、洋裁、料理、美容、ファッション

 

本は1人で黙々と読んでいられるから手っ取り早いけど、同じものが好きな人と、それについて話したりする時間も好きなことの1つだったりして

つまり同じような本が好きな人とそれについて話すことも好きなことだったりする。

 

限られた時間の中で、好きなことのうちのどれかに絞るとなったら

同じ趣味の人とのお喋りは選ぶだろうなと思う。

 

時間を共有して、時に熱く時に淡々とお喋りすること。

ライブがいちばん。

 

Better LIVE tnad dead

 

ネットでいろいろ発信したり交流すること、私にとっても日課のよーになっているけど

会ってお喋りすることにはかなわない。とは思ってる。

 

これだけ便利な時代、オンラインで済ませずに、わざわざ会おうとしたりされたりすることが、生きがいなのかもしれません。

いつもありがとう。

| 日常 | 22:28 | comments(0) | trackbacks(0) |
休むと言ったら休むの日
6時に起きて家族の朝食を準備したりお昼ご飯作ったりしてから軽く自主練してサトヴィカのレッスン準備といういつもの土曜日を迎えるはずが
起きたら7時〜

子どもたちがお泊りでいなかったので、家の中が静かすぎて目が覚めなかったよ!
ママあるあるかもね。あーびっくりした。

1時間長く眠れたおかげで頭もスッキリ、楽しくレッスンして、みほさんのレッスン受けて、やっぱこのスタジオ気持ちいいな!と自画自賛して、インドカレーランチして


夕方は出かける予定だったけど、身体が休息を求めていたので従う。
泥のよーに昼寝。どうせなら公園でも行って外で昼寝したいと思ったけど、思ったまま夢の中へ。

夕飯を作ろうとしたら野菜が里芋とネギしかなかった。
里芋茹でて、ネギと鮭を炒めて、豆乳でソース作ってグラタン。うまーい。

野菜足りないけど、その分明日補えばいい。

子どもたちを抱きしめてから寝かせる。
さあおかーさんは今日はまだまだ1人の時間をもらうよと車で近所の温泉へ。

どこへ行っても露天風呂しか入らない。
済んだ夜空にまっぷたつに割れたみたいな綺麗な月。


月が空にはりついてら
銀紙の星が揺れてら
誰もがポケットの中に孤独を隠し持っている

…未来は僕らの手の中!


脳内BGMは完璧だ。
全然お湯から上がれる気がしない。
このままお湯に溶けてしまいたいよーな。

クターとしてたら、エネルギーが滞りがちな右半身がにわかに動き出す。

一度全部の力が抜けるみたいな瞬間があって、ふとニュートラルに戻る。

温泉で全身アーシング、これ最高だ。

迷いなく自分を大事にできるように。またここに来よう。
| - | 23:14 | comments(0) | trackbacks(0) |
慈悲とか慈愛とか

ひとりランチ。

そんなことはよくあるのだけれど、仕事の合間のひとりランチと、オフの日の時間を気にしないのんびりランチは趣が違うよね。

 

美味しいものを食べるのが好きで

用事と用事の間にコーヒーショップで食事を済ませるのも良いけれど

食べるのが義務みたいになるとなんだかね

そういう時って、なんか心や身体のどこかが悲鳴をあげていたりする

 

いつからか私の身体はどこかが痛くて当たり前になって、今でもたまに麻痺(身体じゃなくて、痛みのあることに対して)してしまう

身体は大事。たとえこの世がマーヤーであったとしても、きっと。

 

iPhoneImage.png

 

ゆっくり歩いて、ゆっくりお花を選んだ。

グリーンと白の気分。

私にとって、心が落ち着く色。

 

さっきまでつつましやかに花弁が閉じていたのに、ものの数時間でテローンとした。

無常。だから愛している。朽ちてもなお美しい花たちを。

iPhoneImage.png

 

いつもよりゆっくりご飯を作って

アクセサリーを手作りすること数十分

作りたい欲を満たす

 

集中したあとは解放

iPhoneImage.png

はだしで大地に触れる。

たっぷり満たされていろいろ溢れる、こぼれる。

 

皆様も、どうぞご自愛ください。

| アーシング | 23:45 | comments(0) | trackbacks(0) |
all I need

あたし誰かに必要とされてる!って思いこんでる時は、必要とされたくて生きていたから


必要だよ!って言われないと不安になっちゃってもうダメ。という感じだった。


いつの話だか覚えてすらいないけれども。


今は勝手に、手足口が動いてやりたいことやってる。

やりたいことが多すぎて、欲張りなんじゃないかと思うことも多々あるけれども

必要とされてるかどうかは考えない。


今月から平日少し帰りが遅くなって、それを理由に子どもたちを学童に行かせてみたらお友達と遊べると言ってとても喜んでいて


「私たちがいるんだから預けなくったって…」「あなた今忙しいんだからお迎えくらい行くわよ」とやさしい義母に言われても

子どもたちにはお友達とも遊んでほしいし、忙しいからこそお迎えくらいは行きたいのだ。





一緒に歩けるのは今だけでしょう?


まだまだ暗い午後6時。

くっきりはっきりした月を眺めて「きれいだね」と言いながら帰る。

6時が暗いのはいつまでだろう?

朝の6時だって、ぼちぼち明るくなってる。


時折日の出に合わせて出かけるけど、暗い朝に川べりをはだしで歩く私たちを止める人は誰もいないよね。




夕方6時だと止められるような気がする。


ほとんど誰もいない時間に静かに歩くのが良い。

素の自分でいられる時間が今はとても大切。

素でいられないときは、猛ダッシュで逃げてしまう。

大人だから、迷惑をかけない程度にね。

| 日常 | 22:07 | comments(0) | trackbacks(0) |
ヨガとハダシ、そして手作りパン
あけましておめでとうございます。

4時半前、川崎市の土砂災害警報の誤報(だよね?)に三度叩き起こされた元旦。

ちょうど良い時間に起こしてくれたね…
初日の出を見る(もちろんハダシで)予定だけど、ハダシ仲間との約束の時間まで少し余裕があるからアーサナで身体を起こす。

5駅分電車移動、ハダシで凍えてキャッキャしながら歩く私たちのアーシングロード
クローバーがアイスプラントよろしく白く縮こまってて、なんだかかわいい。


冬至の日よりも緋色が強いサンライズ
いつもは静かなこの場所も、元旦はさすがに人出があってにぎやか。


帰りの電車で、年に2回会うか会わないかの義兄が、いつかのお正月に、私の作ったあんパンを美味しいと何度も言ってくれたことを急に思い出す。
たしかパンを作り始めて間もなかった頃の話。
姪たちが来るまでにパン生地を仕込んで小豆を煮よう。


パンくらい買ったらいいのに。
節約と勘違いした義母から不憫がられる(笑)私のパン作り。



プラーナ入りのパンはそこらじゃ売ってないんだよ。
心の中で呟きながら、それでも焼きたてをあげればきっと喜ぶから、義母の分も丁寧に丸める。
一年の計は元旦にあり。
何も計画してないけど、たぶんそういうことだよね。

私は今年もヨガをして、ハダシで歩いて、誰かのためにパンを作るのでしょう。

*

誰かの作った型紙を使って洋服を作るのは得意だし好きだった。そのやり方は、私にとって、とても集中できた。
自分のオリジナルなスタイルを確立するのは苦手だしやりたくないと思っていたけれど、型紙を使いつつ少し変化をつけたらどこにもない服ができるのかもしれない。
ただひとつ間違えるととってもダサくなるか、誰にも理解されない形になる。
ダサくてもいいじゃんとは思わないのだ。
できる限りスタイリッシュでありたい。それはただの好みの話だけれども。
しかし私がスタイリッシュだと思う服が、そう万人ウケするものでもないということにも気づいた昨今。
わかる人にわかる、良い服を作れたらいい。
伝統と、好きを大事に。

ヨガのガイドとしてもそうありたいと、今は思う。
| - | 12:33 | comments(0) | trackbacks(0) |
FMラジオとマグノリア、そしてシューゲイザーfromアイルランド

ここ数年、interFMが私の音楽の情報源で
先日久々にこれは!という曲に出会いました。

mitskiというアーティスト
英詞で、内容はわからなかったけれども、音に身を委ねると勝手に情景が浮かんで来るような。


音源を買って歌詞を見てみた

You're The Sun,You've Never Seen The Night
But You Hear Its Song From Morning Birds
Well I'm Not The Moon,I'm not even a star
But Awake At Night I'll Be Singing To The Birds

あなたは太陽みたい
(中略)

私は月じゃないし、星でさえないの

随分前に好きだった、エイミー・マンに少し声の感じが似てるかなと思いながらぼんやり聴く。
エイミーのsave meという曲を思い出す。懐かしい。
それはトムクルーズが主演していたmagnoliaという映画のテーマ曲で、そういえば私はマグノリア(木蓮)、特に白木蓮の花が好きだ。
つい先日、木蓮のお香を買ってスタジオで炊くようになって、良い匂いがするねと度々言われるようになったところ。。。

日替わりで、睡蓮やチャンダン、イランイランの日もあるけど、マグノリアが好評なのは嬉しい。

そうやって色々なことがつながっていることがわかる瞬間、なんだか身体が軽くなるみたい。
マグノリアの花言葉を、そういえば知らないなと思って調べたら「自然への愛」

今の気分にぴったりだ。


ロックが好きなように見えないよねえとよくよく言われるのだけれど

中学生男子が好むようなハードロックやメタルはさっぱりわからないし

ロックの中でもかなり限定されたジャンルが好きなのです。

得意分野は80年代以降の日本のインディーロックと、90年代のUK/USインディーズ。そしてさらに細分化すれば轟音、中でもシューゲイザー。

アーティストをひとつに絞るとなればもんのすごく迷うけれども、思い入れという意味も含めて最後に残るのはいつも決まって

my bloody valentine

ダブリン(アイルランド)のバンドです。

音が凶悪狂暴すぎるので、youtubeのリンクを貼るのは自重しますが(笑)

なんでこんなに好きなんだろう。って聴くたびに思ってます。

血が騒ぐ理由なんて、知らなくて良いのかもね。


ドライフラワーが無性に好きな理由もわからない。

| - | 09:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
<< | 2/24PAGES | >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE
OTHERS