<< 愛すべき無駄なものとか | main | painful changes >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
テラスを彩るチャクラカラー

アクアマリン、ターコイズ、ラピスラズリ。

ソーダライト、レモンクォーツ、ガーデンクォーツ。

アメジスト、ローズクォーツ

 

藍柱石、トルコ石、瑠璃

方曹達石、硫黄水晶、庭園水晶

紫水晶、紅水晶

 

断然、和名にときめく

iPhoneImage.png

ここのところ作った天然石のブレスレットで気に入ってるのは、ブルー系が多い。

もともとブルーしか着ないくらいの青好きではあったけど

 

ふとテラスに目をやると、初夏にも咲いた花たちがまたひっそり開き始めた

iPhoneImage.png

薄い水色のローズマリー、枯れ木みたいに見えるけど、しぶとい子

 

iPhoneImage.png

リンドウ 藍色

 

iPhoneImage.png


トルコ桔梗、ピンク

紫式部 パープル
 

石たちと同じ

ピンク、水色、藍色、紫

どこかで聞いた色、そうチャクラ。第4、5、6、7せいぞろい。

 

根っこや根っこに近いチャクラカラー

赤、オレンジ、黄色

ことごとく、ない。

 

*

 

あふれた涙で 育てた赤い花
吐しゃ物肥料に
血の赤にじんだような食虫植物
置いてゆくわ

ああこれからこの部屋でおこることすべて
貴方の幸も不幸も
充血した目のように見つめ続ける
私のかわり

あふれた涙で 咲かせたヒステリヤ
いろいろあったわよね覚えているわ
この花が

いろいろあったわよね覚えているわ
この花が

(ヒステリヤ/ヤプーズ)
牧歌的名曲、すんごい好きだった。こわいけど…笑
薄い水色のローズマリーが、この10年の私のことをなんでも知ってる。

いろいろあったわよね覚えているわ
この花が

 

植え替えもしないからコケだらけで、枯れてるよーにしか見えない枝
でも、いつでも小ぶりな葉が茂っているし、お花も咲く。
嫌な思い出とともに何度も手放したいと思ったけど、生きてるんだもの捨てられない。
同じく10年もののガジュマルは、昨年引っ越して早々に枯れてしまった。
どうしたら良いかわからなくて置いておいたら、今年になって根元から新しい枝が出てきて不思議
戸惑いつつ、枯れてしまった幹を切った。
iPhoneImage.png
つやつやした葉、どうしたの?どうやって生まれたの?
種が落ちたの?枯れてしまった幹と同じ根っこから出てきたの?
大きな幹が、数年分の悲しみを全部背負っていってくれたのかな。
大事にしなくてごめんなさい。
魂は輪廻する。
きれいな石を身につけてアクセサリーとして楽しむことも良いけれど、いつか飽きるし
それに、次の生にももちろん、お墓にすら持って行けない。
本来の自分らしさに近づいて、魂の望む生き方ができれば、それこそ次の生に持ち越せる財産になるのではないか。目には見えない宝物。
その宝探しがヨガのひとつの目的なんだね、ってさっき急に思ったんだ。
ヨガとは、魂の成長のために。
鉱物や植物は、それをサポートしてくれる。
気づかせてくれて、ありがとう。
かや
| ヨガ | 17:27 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 17:27 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://san-tosha.jugem.jp/trackback/690
トラックバック
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE
OTHERS