<< ハーバルライフ/生まれ変わってもどこにいても | main | 病気と向き合うヨガ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「この技術は、あなたたちのジェニになるんですよ」

iPhoneImage.png

 

なんだかな。という気分の朝。

楽しくない用事を済ませて、少しお腹がすいた。なにか適当に食べたいけど、ざわざわした場所には行きたくない。

でも、今朝掃除をする時間がなくて散らかっている居間を思い浮かべたら、家でコーヒーを飲むのも気が進まない。

テラスは、雨が降ってるから出られない。

 

ない、ない、ない。

 

パン屋さんに寄って帰ろうと進路を変える。

その隣の、ランチによくいお邪魔するコミュニティカフェの看板の「モーニングセット」という字に目が止まる。

蒸しパン、好きだなー、としばし眺める。

 

ふらりと入ってオーダー、思ったより待たされる。

出てきたのは、ポテトサラダとポタージュ、蒸しパン。

蒸しパンは、ニンジンの練りこんである、とてつもなく優しい味。

どれも出来立て、そりゃー時間かかるわ。

おいしくて涙出る。って伝えたかったけど、皆忙しそうだったから黙って頂きました。

 

丁寧に作られたものが、良い。

 

*

 

帰ってお仕事をしてから、アイピローを黙々と作る。

iPhoneImage.png

縫い代のカットが大事だよ。

 

やる気のない服飾学生だった時

授業中に居眠りやおしゃべりをしている私たちに向かって担任の先生が「あなたたちに教えているこの技術はね、将来あなたたちの『ジェニ』になるんですよ、『ジェニ』にね。余すところなく勉強してね。」

古いミシンを踏みながらよく言っていて、口の悪いクラスメイトが「ばばあ、いつも同じことしか言わねーよな」とボソッと言った。

私は、やる気はなかったけど、その先生のことは好きだったので、適当に流した。

「まあでも本当のことなんじゃない」

「ジェニにすんのは当たり前なんだよ、こんだけ勉強して何にもならないで帰れるわけねーんだよ」

「どこに?」

「実家だよ」

 

彼は居眠りこそしてなかったけど、真面目に聞いているようにも見えなかった。

でも完璧なパターンを引いたし完璧に縫い上げた。0.01mmだってずれたことがなかった。

1mmずれちゃったけどまあいいやとか言っている私に、よく呆れていた。

元気かなあ。

 

iPhoneImage.png

 

18年連れ添っている職業用ミシンは、そういえば一度も壊れたことがない。

 

iPhoneImage.png

 

マイアイピローを持ってヨガのレッスンにいらっしゃいませんか。

中身は小豆とハーブ。ラベンダーかローズを選べます。

発送も承ります。

 

18年の時を経て、1mmのずれなく完璧に縫えるようになりました。

 

ご自身で作れるクラスも開催してますよ。

プレゼントにもいかがでしょうか。

 

サトヴィカ・ヨガスクール

 

毎日、何かを丁寧に作っていたい。

| 日常 | 22:34 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 22:34 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://san-tosha.jugem.jp/trackback/687
トラックバック
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE
OTHERS