<< ハーブチンキお分けします。 | main | ハーバルライフ/生まれ変わってもどこにいても >>
直感とカルミックな罠

今日のランチは、サラダも、メインも、デザートも紅茶も、ぜんぶ完璧に美味しかった。

 

きっと一生懸命作ってくれたのだけれど、こちらから丸見えのオープンキッチンでシェフがスタッフを怒鳴りつけながら、冷蔵庫を限界まで激しい音を立てて開け閉めしながら、調理器具や食器も激しく激しくガチャガチャぶつかりあって、大きな物音が苦手な私は身を縮めて泣きそうでありました。

ほんとうに美味しい紅茶だった思うけど、3口飲んで席を立って、スタッフさんに思わずごめんなさいと伝える。

iPhoneImage.png

 

そして、税抜き880円のランチを1000円にしたら来客数はどのくらい減るだろう?

減ったらその分シェフの彼はゆとりをもって仕事ができて、お客も怖い思いをしないで済むのではないかとか

経営側の視点で、サービスについて考える。

前回来た時はBGMが大きすぎてくらくらしてしまって、その時もお料理は完璧においしかったのだ。

 

ごめんなさい、って言わない方が良かったのかな?って考えちゃった。

 

 

いつも罪悪感を背負っていたのはなぜだろう?

私に「褒められる」感覚が欠如していて、「責められる」を前提に生きているのはどうしてだろうって

信頼できるセンセーと探って来て

やっと見つかった答えは「カルマ」

 

あ、じゃあどうしようもないね(笑)

 

背中と肩がずいぶん柔らかくなってきたよ、いろんなものが落ちたんだよ、大丈夫、大丈夫って言われて泣きそうになる。

カルマは背中に背負うのでしょーか?

 

思えば、病気の最中にひょんなきっかけでスピリチュアルカウンセラーさんに出会った時も「霊障」という言葉を始めて知って、すべての合点がいった。

東洋医学とヨガを学ぶ場所では「病気って言うのはね、カルミックなものよ、特にあなたみたいな人の場合は絶対そう、スピリチュアルな場所で身体の中からぜんぶ吐き出して行って」

 

今までの私は自他ともに

「自分に自信がないから、だれかに言われたことを深く考えずにそのまま受け取る、人の影響を受けやすい、自分を大切にできない」タイプと思っていたし思われることが多かった。

先日

「ねえ違うよ、直感で『この人!』と思った人の言うことをそのまま全部受け取るなんて、それは究極の自信だよ。直感を信じてるんだから。」

あなたのことをずっと勘違いしてたよと楽しそうに笑われて、私も楽しくなりましたよ。

 

iPhoneImage.png

 

冷蔵庫がハーブチンキに支配されつつある。

おかーさーん、卵の横にあるのなに?

よだれを垂らしながら聞いてくる小3男子。

それは食べ物じゃないよ…

 

思えばこの子は、生後3ヶ月の時に、ハイローベッドに横になったまま、牛の絵のついたビスケットのハコを見てキャアキャア大騒ぎをしたのだった。

牛もビスケットもハコも知らないのに、なんで…

直感赤子。

9歳の今、たまに連れて行ってもらえるお料理教室が生きがいらしい。大事に育てよう。

| 日常 | 22:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 22:59 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://san-tosha.jugem.jp/trackback/685
トラックバック
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE
OTHERS