<< 自分のモノサシ | main | 小休止 in nature >>
糸の寿命/シャッペスパンとの別離

昨年引っ越しをして、要らないものをたくさん捨てて(間違っているものも捨てたりした)

手放す(なんかいろんなところで流行ってるからこの言葉を使ってみる)ものはもう何もないなと思ったのだけれど、いつか絶対使うはずと思って気づけば10年以上経ってしまった「シャッペスパン」(ミシン糸)の群れのことを今朝急に思い出した。
 

 

この木箱2つ分、色とりどりの糸が詰まっていて、空色、水色、ロイヤルブルー、藍色…3割くらいをブルー系がしめていた。

あとは赤、黄、緑、ベージュ、ピンク、パープル…黒とアイボリーはやたらたくさんあった。

ウール用の絹糸や、手縫い用のボタン糸、ロックミシン用の特殊糸、ジャージ素材用のニット糸、これ全部19の学生時代に買ったのじゃないかな、だとすると17年ものか…綿や絹の糸の寿命を、私は知らない。

でもきっと100年ではない気がする。

だから、写真の6個を残して、お直しの仕事をしている義母に全部託した。

「いつか使うんじゃない?」って言われてちょっとひるんだけどその時は借りに行くからと、未練を断ち切るかのように押し付ける。

製氷ケースに並んだボビンは、私の職業用ミシンじゃないと使えないから残しておく。

ボタンつけくらいはするから、手縫い糸も白と黒だけ残す。

 

チョコミントキャンディの缶にはピンクッション、ラズベリーキャンディの缶にはボタンが。

ドラえもんの小さな缶には手縫い針が何種類も入っている。

缶がほしくてお菓子を買っていたはたちの頃。

池袋パルコのソニープラザはまだあるんだろうか?

糸の調達先のキンカ堂はとっくになくなってしまった。ロックミシンの糸が安かったな。

 

糸代がバカにならないと、激安問屋めがけて日暮里へ行ったりしてたけど、交通費と羽二重餅代で節約になっていたなかったと思う。

 

*

 

何か月か前に子どもたちと青山を歩いていて、アレキサンダーマックイーンのショーウィンドウにくぎ付けになった。

黒地に赤い花柄のミニワンピース、10代になった娘に脳内で着せてみる。

フィロソフィーが透けてみえる服が良い。

程よい色気もあると良い(着る人の色気ではなく、服の色気)。

 

でもそのワンピースは、最新型のテレビが何個も買える値段だった。

そっか

そこで「作ろう」ってなるのか。って、ちょっと思ったんだった。

娘、ほしいなんて言ってないけど。

意外とすぐに、母に糸を借りに行くかもしれない。

 

お花は洋服みたいだと思う。

白い服着ないけど、白い花が好きだな。あと、ピンク。

でもたまにはこんな、第1&第2チャクラみたいな色もね。

| ミシン/手縫い | 23:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://san-tosha.jugem.jp/trackback/656
トラックバック
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE
OTHERS