<< 休むと言ったら休むの日 | main | マグちゃんのリザレクション >>
Better LIVE than dead

ちょうど1週間前に出会った木蓮の枝

あっと言う間に開花して、あっという間に散ってしまった。

「しまった」ってまるで咎めるかのような物言いだけれど

それは人間である私から見て「あっと言う間」というだけで、木蓮にとっては通常運転なわけで

 

何が言いたいかというと、淋しいなあって、それだけです。

甘い香りが残る花弁は、今夜バスタブに浮かべるね。

またどこかで会いましょう。

iPhoneImage.png

 

娘との会話。

 

お母さんこれなに。

木蓮の枝。さっきまでお花がいっぱいだったの。

どこでもらったの?

武蔵小杉で買ったの。

ひとめぼれ?

…そうだね

 

私が、お花や洋服などの、買わなくても生きていける何かを買ってくると「ひとめぼれ」とひとくくりにされる。

鉢植えや切り花やドライフラワーを連れて帰ってくるたびに。

たぶんこれまでに「なんで買ったの」って聞かれて、「ひとめぼれ」って答えすぎたのだ。

でも、好きになっちゃったんだから仕方ないじゃないのよ。ねえ。

ほかに説明のしようがない。

なんで好きになったのかって、あんまり考えない。

 

土足で他人に心の奥底まで踏み込まれること、そんなに嫌いじゃないけど

土足の靴の種類によって「その靴は私の趣味に合わないから、土間にあがって欲しくない」みたいな

だれにも理解されない謎のこだわりがあるような気はする。

なんでその靴が嫌いなの?って聞かれても説明できない。

謎のこだわり、自分でも慣れたけど、その辺が典型的B型と言われる所以かな。

 

気づけば周りにB型だらけということがよくある。

血液型で人を判断するなと怒る人もたまにいるけど、あまりに多いと気になるんだな。

 

*

 

好きなことや好きなものはなに?と聞かれたら、数えきれないし

たまに、好きなことだけして暮らせたらいいなあって思うけど、命が足りない気がしてくる(笑)

本、雑誌、漫画、音楽、自然、洋裁、料理、美容、ファッション

 

本は1人で黙々と読んでいられるから手っ取り早いけど、同じものが好きな人と、それについて話したりする時間も好きなことの1つだったりして

つまり同じような本が好きな人とそれについて話すことも好きなことだったりする。

 

限られた時間の中で、好きなことのうちのどれかに絞るとなったら

同じ趣味の人とのお喋りは選ぶだろうなと思う。

 

時間を共有して、時に熱く時に淡々とお喋りすること。

ライブがいちばん。

 

Better LIVE tnad dead

 

ネットでいろいろ発信したり交流すること、私にとっても日課のよーになっているけど

会ってお喋りすることにはかなわない。とは思ってる。

 

これだけ便利な時代、オンラインで済ませずに、わざわざ会おうとしたりされたりすることが、生きがいなのかもしれません。

いつもありがとう。

| 日常 | 22:28 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://san-tosha.jugem.jp/trackback/652
トラックバック
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE
OTHERS