<< 新城神社のレッスンでした/白い花の天ぷらはまたいつか | main | お気に入りのヨガウェア続々紹介/ロック・コミック・純文学 >>
結果に執着せず、自己の義務(ダルマ)を遂行せよ
大戸神社のレッスンでした。

「はじめてヨガ」は3回目の開催。

小話なし(お話はアリ)、スーリャナマスカーラなし、立位と座位1〜2つずつ。

ご近所の働く主婦さんがいらしてくださってます♪







後半ベーシッククラス。

日曜日の新城神社クラスと同じレベルのクラスです。



ヨガ経験者、未経験者の方ともにご参加くださっています♪





新城神社の日曜ベーシッククラス。

熱心なリピーターさんばかり。義母も2年半通ってくれています!





日曜アドバンスクラス。こちらも長く通われている方が多いクラスですね。

かなりの汗だくコースですが!最近ちゃくちゃくと人数が増えていますね〜



このほか、金曜日ベーシックと産後ヨガクラスがあります。

はじめての方もお気軽にいらしてくださいね!



ワークショップや特別レッスンも企画中です。

facebookインスタグラムもありますので、ぜひチェックなさってくださいね〜♪







今日のレッスンでは「義務(ダルマ)」のお話をしました。

私たちがこの世に生まれてきて果たすべき務め。



ダルマを実践できている時は、心が澄み渡り日々すっきりと過ごせること。

何が自分のダルマかわからなくなる時は、どの方向に進めばモヤモヤしないだろうか?と考えましょう。



なんて言ってる私だって、年がら年中モヤモヤしているわけです。

モヤモヤするから、小話が生まれるのですよね。

いっつもすっきりしてたら、小話が生まれない(笑)

不思議な職業だなと思います。



「私のことを、知っているのかと思いました!」

小話ありのレッスンにはじめて参加された方からの、一言。

心に響いたとのこと、何よりです。



ヨガの哲学はとても優しい。

自分のダルマを見失って胸の奥が痛む時は、目をつぶってヨガの経典を開く。

必要なメッセージが、そこに書かれているはずだから。
| 大戸神社レッスンの様子 | 20:29 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://san-tosha.jugem.jp/trackback/593
トラックバック
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE
OTHERS