スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
育児狂想録

あけましておめでとうございます!
本年も宜しくお願いいたします。

うちのお雑煮。


食べたいだけ食べてるのはいつもと変わらないのだけれど、食べてるものが餅だというだけでこの正月休みだけで2kg体重が増えました。すごい…!
ここのところアーユルヴェーダの食事療法を取り入れていて、生野菜やフルーツを減らして暖かい飲み物や汁物、スパイスなどたくさん摂っていたら生理痛も軽くなったし、体重も増えたしでご機嫌なんですが(昔から病的に痩せているので太らないと身体的に危険なわけです)年末年始やゴールデンウィークと言えば子ども達と過ごす時間が長くなるわけで、5歳男児と4歳女児の年子なんてちっこい怪獣みたいなのが2頭暴れまわっていたら1日中コメカミはぴくぴくしてるし呼吸も浅くなるし耳鳴りはしてくるし、心療内科に通っていた頃にドクターが「冬休みと夏休みは鬱再発したお母さんがたくさん来る」と言っていた意味がよくわかった。

子どもの声が頭にワンワン鳴り響いて反響して音酔いみたいになって心身がフラフラしてくることで、呼吸が乱れ交感神経意が高ぶり自律神経が乱れているということまでわかるのですが子どもを放置して出かけられる年齢ではないし、静かにしなさいと叫べばまた心臓がバクバクして呼吸が乱れる。そもそもなんで静かにさせなければいけないんだっけ?階下に足音が響くから…暴れているとふすまや窓にぶつかって近所迷惑だから…
そんなことばかり気にするんだったら1階に住めばよかったとか、こんな郊外の集合住宅じゃなくて人里離れたところでのびのび育てたほうが私と子どものためなんじゃないのかとか考えがぶっ飛んだりして頭ん中カオス。

そういうときにはこうしつければ良いのよ、なんて他人のアドバイスはほとんど無意味だ。子どもによって暴れ方も違うし親によって参り方も違うから。
うちの子たちは、いつだって私の顔色を伺っていい子にしようと懸命なのです。それでも私は常に沸騰寸前。怒鳴って脅かして押さえつけて言うことを聞かせようとしたってダメだとわかっているけど、丁寧に言い聞かせたって言うことは聞かない。怒鳴っても言うことは聞かない。結局言うことは聞かない。だからと言って何をしても放置しておくわけにはいかない。だから結局怒鳴って言うことを聞かせる。この子たちは親の顔色を伺ってばかりの、かわいそうな、抑圧された子どもになってしまうのかもしれない、と頭を抱え、吐き気を催す。

余計なことを考える時間がありすぎるのがイケナイのだ。思考が止まるくらい疲れてしまうのも手だ。でも、同じく疲れ果てた子どもが眠くなって泣いて暴れたりするのを抱えて帰るだけの体力をとっておかなかればならないのだ。2人とも私の体重の1/3超えなのだ。

ひとりになれる時間をもらえるなら、できるだけもらった方がいいよ。お金をかけてでもそうしたほうがいいよ。
ママさんたちから育児がつらいと聞くされるたびに、そう伝えている。
諸事情で、そうできない人もいるでしょう。子どもがかわいそうだと思う人も、周りからそう言われる人もいるでしょう。
でも自分がそうしたいと思ったなら、1時間でもいいから羽を伸ばせば良いと思うのです。
私は地元の一時保育(8時間)のほかに、ららぽーと横浜にある1時間1000円とかの託児施設に上の子をよく預け、下の子をベビーカーで寝かせて1時間だけ買い物をしていました。

最近では

パパは、仕事から帰ったらどんなに疲れていても5分でいいからママの話を聞いてあげましょう

などのアドバイスを雑誌やラジオで目にしたり耳にしたりします。

私の夫は、愚痴を聞くのだけは勘弁してくれというタイプで、その愚痴というのが「解決しようもない話」つまり「今日こんなことがあった」たとえば「子どもがずっと泣いてて大変だった」という報告も含まれるので、つまり他愛もないおしゃべりも許さない人だったので私はママ友に会えない日は誰ともしゃべれずにいました。

そのような情報が出回るようになったということは、これまで私の夫のような話の聞けないパパがたくさんいて、ママたちが悲鳴をあげていたということでしょう。
実母が乳児を虐待したというニュースを聞いては、母たちの気持ちを思って辛くなる。

最近では、そんな情報のおかげで夫も「うちの妻はたまに話を聞いてやらないと気が狂うらしい」ということはわかっているようです。相変わらず話を聞くのは苦手な方だと思いますが。その代わりと言ってはおかしいのかもしれませんが、家事はよくやってくれます。
片付けや掃除は私よりずっと得意なので、私だけが仕事に出かける土曜日は、家がピカピカになります。

30代も真ん中へんの友達が増えて、特に男友達に第一子が次々と誕生しているこの頃。毎月のように出産祝いを用意して、晴れやかな気分をおすそ分けしてもらってます。
みんながどんな父になるのか、楽しみだな。そんなことを思ったら、ほとんど忘れていたあの頃のことを思い出したのでぐだぐだと記してみました。

| 育児あれこれ | 23:50 | comments(0) | trackbacks(0) |
恒例保育園ヨガ&誕生日週間のはじまり

昨日は保育園ヨガ、家の前の集会場で9名の参加〜そのあと自宅でカレーパーティー&パパ飲み会。
総勢何人いたんだろう?子どもも入れたら30人弱?にぎやかな夜でした。
昨年まで保育園のお友達と交流する時間もきっかけもなくて、ヨガ、ただそれだけがきっかけでこんなにもたくさんのお友達ができて嬉しい限りです。
昨日のママトークでは「男の子のママ離れはある日突然に」がハイライトだったような。高校生のママを囲んで体験談を真剣に聞き、阿鼻叫喚する男の子ママたち!
「だんだん離れるんじゃなくて、ある日突然離れるんだよね」「ギャー!」
今を大切に(笑)
わかっちゃいるけど、余裕がないなあ。

- - - - - - -

私の都合で土日も家族がバラバラに過ごすことが増えて、今日はただ公園に行くだけだったのに日曜の昼前に4人で家を出るというシュチュエーションが久々すぎて、本当にただ図書館や公園に行っただけなんだけど子どもたちはずっとご機嫌でした。

娘の誕生日祝週間ということで、パン食べ放題のベーカリーレストランを予約してから出発。少し早くついたので、レストランのすぐ近くの県立公園に車を停めてパークハウスなる建物で待機。
ここがすばらしい施設で、見所たくさん。だーれもいなかったけど。
いろいろなワークショップも行っているみたいです。

iPhoneImage.png

展示物や珍しいおもちゃ、飲食OKのテーブルもありました。公園には何度も来たことがあったけど、この建物のことを知らなかったのです。

iPhoneImage.png

この東高根森林公園、冬の間は駐車場が無料なんです。
公園自体はとーっても広くて、1周するのに何時間かかることやら。坂道や階段だらけで、子どもにとってはちょっとした山登りより大変かも?見渡す限り緑・緑・緑!小川も流れていて、野鳥や魚を観察してる男性がたくさんいます。蛇も狸もいるそうです。
暖かくなったら芝生広場でパークヨガやりたいな。
そういえば、どこの駅からも遠くて、最寄り駅どこだかわからないけれど。

iPhoneImage.png

お料理とパンでお腹がはちきれそうな状態で公園を走り回り、子どもたちを美容院に連れて行ったりしたあとにサーティーワンのアイスケーキを買いに行きました。初めて見る大きなアイスケーキに、子どもたち、興奮。私も初めて見た!

iPhoneImage.png

スヌーピーの砂糖菓子は固すぎたのか、一口食べて「イラナイ」。
お腹いっぱいの週末でした!

あれから4年経ったんだなあと、人生最大の修行であった切迫早産の入院体験を少しだけ思い出しました。そしてすぐに蓋をしました。思い出しただけでドンヨリするので、もう少ししてから振り返ろうと思います。

娘が健康そのもので走り回っていることに感謝します!

| 育児あれこれ | 22:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
2010年

■産後うつ時代についての膨大な量の文章を書いたのですが操作ミスでボンっと消えてしまいましたよ。やるせない。
2010年はまるごと鬱の1年でした。

その時代の我が家の子ども達。親戚にもらったなんだかすごいロンパースを着た、座布団におさまるサイズの娘と、1歳代後半の息子です。顔色の悪い私が虚ろな目で撮ったと思われる写真です。

100306_2024~001.jpg

3年経った今、このくらいの月齢の赤ちゃんを週2回も抱っこする機会に恵まれているのは、この時に失ったなんやかんやを取り戻すためなのではないかと勝手に思ってます。
今日も柔らかい赤ちゃんをたっぷり抱っこしてきました。
生きてるだけで丸もうけ!と言わんばかりに何もない場所でひとりでキャアキャア盛り上がって、そのうちひとりでスヤスヤ寝始めちゃう手のかからなそうな女の子。抱っこしてもらえないと泣いちゃう甘えん坊の男の子。目に映るものすべてを触らないと気が済まないキラキラおめめの女の子。
生命は美しい!

生後3ヶ月くらいの息子。このときは鬱ではなかったよ(でも神経症だったけどね)。


■いつからかこんなにもブログを更新するようになって、更新通知ばかりでヨガや育児や酵母に興味が無い方にはうっとうしいだろうなあという懸念もありつつ、久々に会う友達やヨガ仲間に、楽しく読んでますなどと言われたりして感謝です、意外とたくさんの方に読んでもらえてるみたいで、ありがとうございます。


■おまけ写真集。

離乳食しか食べたことがなかった0歳の娘が、気合を入れて椅子によじ登り息子が食べ残したおにぎりをゲットしてムシャムシャ食べてるとこ。

このときはまだ、娘が手づかみできることすら知らなかった。
101127_1719~001.jpg

父に「おにぎり食べてる!」と叫ばれてもやめない。
101127_1717~004.jpg

母に「そんなに食べて大丈夫ですか」と聞かれてもやめない。
101127_1717~002.jpg

良い所に椅子がありましたね…
101127_1719~002.jpg

すごい顔…
101127_1719~004.jpg

おしまい。

| 育児あれこれ | 23:03 | comments(0) | trackbacks(0) |
第一ラウンド終了の兆し

保育園に迎えに行って「帰ろう」と誘えば「かえらない!」
「ご飯食べる?」と聞けば「ごはんたべない!」
「ねんねしようよ」「ねんねしないよ!」
「公園に行こう」「こうえんいかない!」

息子、反抗期真っ只中。
平日の夜、バタバタと退社して全力で迎えに行ってもこのザマ。
ごはん、お風呂、寝かしつけ
ありとあらゆる場面でイライラして血管が切れそうになる私。
気なら短い。
19時に家について寝かしつけるまで3時間足らず。
「反抗期なのねー」と流して付き合えるほど時間に余裕がない。

帰りの電車の中で「このまま箱根まで行ったらどうなるかな」
行きの電車の中では「やっと本が読める!」「今日は仕事がそこそこ忙しいかな」とわくわくしている。
サザエさんシンドロームの逆。そこだけ切り取れば、社会人的には合格かもしれない。
でも私には本業が2つあるので、母親としては不合格なんだろう、と。
この無駄な考え方は神経症モードに入っている時の産物なので、「育児に正解や合否なんてないのよ」という一般論は受け入れない。それも含めての不合格。

誤解を恐れずに吐き出せば、家に帰りたくない、と何度も思った。
頼れる身内がいなければ、人目が無いのを良いことに子どもを置いて逃げたかもしれない。
あのおぞましい、大阪のネグレクト事件を他人事だと思えるほどタフじゃない。

そして。

息子は発達の遅れが「少し気になる」と療育センターを紹介され、経過観察中。
3歳の時点で、2歳ちょうどくらいの会話ができるかできないか、だった。
身体は大きいほうだし力も強いから、言葉を理解してもらえないのはなかなか大変だった。
何を問いかけても返事らしい返事をしてもらえない。

それがある日突然、私の問いかけに「うん」と答える日が来た。
娘は1歳半で「うん」を習得していたのだけれど、息子が「うん」と行ったのは3歳半。
そこから急に人間らしい文章を喋るようになり、最近ついに文章で会話ができるようになった。

屋内遊技場で遊んだ帰り道
「今日、楽しかった?」と聞くと
「れいくん、またおもちゃのあるとこいきたい」

何を聞かれたか、わかっている様子。
肩の荷が下りた。

そして先日、寝ながら嘔吐してしまった(風邪とか感染症ではなく、食べ過ぎた上に咳き込んだのが原因と思われる‥!!)息子を着替えさせて寝かしつけ「びっくりしたねー、もう大丈夫だからね」と言うと「びっくりした!でも、れいくんだいじょうぶ。」だって。
こんな風に、会話のできる日をずっとずっと待っていた。

個体差なんてあって当たり前とは言っても、いつまで経っても手がかかる息子の育児は肉体的にもだいぶ厳しかった。
少しずつ解放されてきて、春がようやく近づいた気がした。
それに、2歳になりたての娘は、気がつけばもう3語文をベラベラ喋っている。

なんだか少し私の心が落ち着いて、遠出をする気にもなってきた。
泊りがけでディズニーランドに行ってきます!
初の家族旅行。

これから、もっともっと、楽しいことが待ち受けてるんだろうな。
そんな期待を胸に、息子が生まれた少し汗ばむような暖かい季節の心地よさを思い出しては穏やかな気持になっています。

| 育児あれこれ | 22:29 | comments(0) | - |
就職が決まるまで

■思い返せば1ヶ月ちょっと前。
クライストチャーチの地震の2日前に、クジラの死骸がたくさん打ち上げられたんだって。で、昨日
、茨城県沖にイルカがたくさん打ち上げられたんだって。という話をネットで知って、心配性を通り越して神経症気味の私は「それは大変!」と慌てて避難グッズを引っ張り出して、倒れたら危ない家具などを置いていない夫の寝室に全員分の布団を敷き、「その話ほんと?」と訝る夫に手伝ってもらってグッスリ眠っている子どもたちを運び、「これで圧死の危険は避けられるだろう」と胸を撫でおろしていました。
その3日後、東北関東大震災は起きました。
思わず「イルカ…」とつぶやいたものの、そんなことはどうでもよくなる東北の凄まじい被害。
イルカが身を持って知らせてくれたって、あんな津波に襲われたら人間は何もできやしない。
自然は恐ろしい。
花粉症に悩まされ、桜の花にうっとり見とれ、晴れた日は布団を干す。私たちは自然と共存している。時に裏切られても、自然を責めることはできない。では、人災が起きたら人を責めて良いのか。すんなりと答えは出ません。これからもまだ、ずっとモヤモヤし続けるのでしょう。
東京電力の原発事故は、チェルノブイリと同等の「レベル7」に達したそうです。まだまだ先が見えません。

■さて就職活動。履歴書を何通も書いて職務経歴書を作って面接会場や派遣会社に出向き、不採用の文字をつきつけられること数回。
販売員、事務員、販売員、事務員のバラバラな経歴と、ブランクが大きな敗因。過去の自分を責め始めたらキリがなく、やるしかないじゃないかと言い聞かせても不安がのしかかります。子どもたちのために選んだ再就職だけれど、「そんな小さい子を預けてまで働く理由は?」「育児が大変だから仕事をするってこと?」などの質問を突きつけられると、一瞬尻込みしてしまう。
それじゃダメだ、開き直るわけでもないけれど、面接で堂々と話すことすらできない人間に仕事をくれる会社はありません。面接に来てください!と言われても、「今度は大丈夫かな、いやまたダメかな」という考えに支配されて頭が痛くなる。考えたってしかたない、やるだけのことをやって結果がでなかったらまた次の策を考えればいいという当たり前のことすら考えられなくなっていました。
ところが急に、「なんとかなる」と思える日がやってきました。何も結果は出ていなかったし、兆しもなかったのに、急に。チャクラが開くような、不思議な勘。
そして明治神宮で買ったお守りを握って、面接に行くと即採用のお言葉を頂きました。以前働いていたメーカーの、営業事務で再スタートをきります。

この営業事務のお仕事をもらうために、かなり対策を練りました。
具体的には

’標の総合サイトで、以前勤めていたF社と思われる求人情報を見つける。4つの派遣会社が、同じ案件をそれぞれ違う時給で出していました。

(数年前、私が派遣社員だった頃は、ひとつの仕事に対して複数の派遣会社が求人したり、派遣先企業が複数の派遣会社から人材を集めて面接をすることも禁じられていたような記憶があります。
ひとつの仕事に対して、ひとつの派遣会社からひとりの派遣社員を紹介する、というのが原則だったような。長引く不況で派遣社員を取り巻く環境も大きく変わっているのかもしれません。)

4つの派遣会社すべてにエントリーして反応を待つ。

S社には、PCスキルが足りないと紹介を断られる。「以前働いていた」と申告すると「派遣先について詳しいことはわかりかねますし、このお電話ではエントリー確認以外のことはお話できません。とにかくスキルが足りなければ紹介することはできません。」と機械的な対応。

SS社から「紹介できるかもしれない」と連絡をもらう→「F社では以前働いていた」と申告→「それはちょっと…紹介するのは難しいですね」と面倒を避けるかのように断られる。

A社からは連絡なし。

H社からは連絡をもらうも「実はここの企業には当社スタッフを派遣した実績がなく、紹介が難しいかもしれない」と弱気。
でも、この派遣会社が本気を出すと他の競合他社を蹴落として仕事を勝ち取れるやり手な営業さんが多い会社であることに薄々気づいていたので、営業担当宛に「以前勤務していたF社と知りながらエントリーした。」とフォローのメールを添付→「だったら話が早いかもしれない」と返事をもらう→旧姓を伝えてF社によろしくお伝えくださいと頼み込む→何回かフォローの電話をしてしつこく頼み込む→面接に呼ばれる→以前勤務していた時にお世話になった社員の方と感動の(ちょっと嘘)再会→「ぜひ来てください」→合格…

F社に在籍していた当時お世話になっていた営業のSさんが、ちょっとおっちょこちょいの新人さんから営業部のまとめ役に昇級していて、今回面接を担当してくれました。
「僕ね、Iさん(私の旧姓)が退職するときに配ってくれたメッセージカードの言葉がすごく響いてずっと覚えていて、また一緒に働けると聞いて本当に嬉しいんですよ」
と、派遣会社にの営業にまで私の過去の美しい話までしてくれて、しんみりしました。
さすが荒波にもまれた営業マン。話が上手です。
こんなことを言われたら、自分がすごくできた人間かのように錯覚します。。。ほんとは、ダメな部分もよーく覚えられてるはず。。
ちなみにメッセージカードになんて書いたのか覚えてません…!
でも、まあ、そんな器の大きな人たちが長年働いている会社に戻ることができて、とても光栄です。

派遣会社の営業さんは、なんだか仕事背負ってきてもらって、面談でも何もフォーローできず(Sさんと私で勝手に専門的な話をしただけだった)すみません…
と言っていましたが、正社員での就職が難しい私にとっては派遣会社も大事な存在。
なんだかすべてが、ありがたいです。

さっそく、明日から働きます。
いってまいります!

| 育児あれこれ | 12:29 | comments(0) | - |
ひと区切り

バカの考え休むに似たり。

突然ですが、昨日あたりからその一節が頭の半分以上をしめております。
(唐突に他人をこきおろしたりしません。自分のことです。)
産後ウツというには長過ぎるノイローゼは、収束するのかと思えば娘の歩行開始の時期にまた盛り上がり、さてもう一度落ち着いたと思ったら息子の赤ちゃん返りでまた息を吹き返し、なんだかんだで1年くらい続いております。
年子を育てていてさまざまな壁にぶつかるたびにグルグルと考え込んでいたけれど、今思えば考えたって無駄なことのが多かった。悩んでるうちに壁は消えていき、しばらくするとまた次の壁が現れる。
今は、壁にもたれかかって休憩中です。考えることをあきらめた。
育児に関することだけじゃなくて、すべてにおいて無駄に考えすぎるのをやめてみよう。
これが、治療を受ける上で私が目指すべきところだったような気もするけど、実際どうなんだろう。
というようなこともすべて、考えるのをやめてみようと思う。
目指すは無の境地です(遠い…)。

そんな最中、明日から子どもたちを保育園へと送り込みます。
どんな虚脱感が襲いかかってくるのでしょう。負けないように。



なんのために生まれて何をして喜ぶ わからないまま終わる そんなのはいやだ!

先日、アンパンマンミュージアムに行ってきました。

 

お店屋さんごっこができるブースで興奮する子どもたち。
いきいきしてました。

| 育児あれこれ | 21:47 | comments(0) | - |
| 1/1PAGES |
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE
OTHERS